イメージ写真

ホームホーム製品紹介熱間成形鋼管ノンダイアフラム構法

  • 製品紹介
  • 熱間成形鋼管
  • 冷間成形鋼管

ノンダイアフラム構法

ナカジマ鋼管では、スーパーホットコラムの優れた製品特性を活かし、材料単体の提供のみならず、建物の耐震性向上のために重要な役割を果たす柱・梁接合部について新しい工法の開発を行っています。
角形鋼管を柱に用いた骨組では、柱梁接合部はダイアフラム構法が一般的です。ダイアフラム方式は、柱梁接合部において、多数の製作工数を要するため、溶接箇所が多くなり、溶接熱による歪みや材料劣化の問題があります。ナカジマ鋼管が開発した、柱梁接合部にダイアフラムを設けない「ノンダイアフラム構法」は、上記のダイアフラム構法の問題点を解決した画期的な構法です。

ノンダイアフラム構法

載荷装置による検証

ノンダイアフラム構法のメリット

  1. 仕口部の溶接量が大幅に減るため、加工・製作工程、検査箇所数が減ります。
  2. 同じ箇所への溶接入熱が減るので、品質が向上します。
  3. 通しダイアフラムがないため、梁せい・梁レベルの差を意識せず、自由な設計が可能となり、しかも食違いがありません。

合理的な設計思想に基づき、品質の高い構造を実現

このノンダイアフラム構法を角形鋼管で実現できるのはスーパーホットコラムだけです。
熱間成形角形鋼管のメリットを活かした設計手法で、2009年3月に日本建築センターの一般評定を取得(BCJ評定−ST0172-01)。2010年8月より設計ガイドを作成し、普及に努めています。

ノンダイアフラム構法の特徴

ノンダイアフラム構法のAdvantage

ノンダイアフラム構法

ノンダイアフラム構法概要図

熱間成形鋼管 熱間成形鋼管(スーパーホットコラム)のご案内です。